スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
6/11 届け東北へ!チャリティライブ
2011/06/22(Wed)
0611b.jpg


「東北の被災地のために何かしたいなぁ・・・」

僕のそんなつぶやきに、Blackie村上がスグに反応してくれた。

抜群の実行力を発揮して、仲間を呼び寄せ実現してくれたのである。





CL1.jpg

トップバッターはLaylaではお馴染みのHouse Unit. Layla!




CL2.jpg

得意のボサノバと今回はブルースも披露してくれた。





CL3.jpg

京都市内から参加してくれたJhonny Buluesとガッツ川上。
シンプルにストレートなブルースを聴かせてくれた。




CL4.jpg

Jhonny入魂のブルースハープ!





CL10.jpg
出た――ミスター・ブルース!

「南部の黒豹」 Ryuichi Voodooboy Johnsonである。





CL11.jpg

彼がOld bluesを唄いだすとその場は瞬時にミシシッピーになったかのようだ…
まさにJohnson worldである。





CL5.jpg

泣く子も黙る…Flat Faive登場




CL9.jpg

今回の主催者でもあるBlackie村上。

あいかわらずの酔いどれGuiter炸裂!!





CL8.jpg

待望の男子誕生で育児休暇を取っていたJerause Guyさん。

封印していた魂を解き放つかのような鬼神のソロ・・・・




CL12.jpg

Johnsonからの紹介で参加してくれたPART TIME LOVERSの皆さん。

ネンキの入ったシカゴブルースでした。






CL13.jpg

トリは天野トリオのジャズで…。

沸き立つアドレナリンをなだめるようにしっとり聴かせてくれました。



CL14.jpg

Layla初登場、田中さんのウッドベースの渋い音色・・・・




やっぱりこれがなければ終われない!

みんないっしょにSession Time!!

CL25.jpg

「The Thrill is gone」

                           CL22.jpg

                   「Sweet home chicago」



CL26.jpg

「Key to the highway]


                        CL20.jpg


みんな本当にありがとう!

戴いた浄財は、僕が責任を持って京都新聞社に届けます。





















スポンサーサイト
この記事のURL | 過去のLIVEリポート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お久しぶりに山悌史さん
2011/06/22(Wed)
山崎

10周年を記念ライブ第2弾。
開店当時からご縁のある山悌史さんをお招きして、久しぶりに歌謡ライブ!




FH010008.jpg

東京へ活動の拠点を移して、随分とあか抜けされた感あり。
でも亀岡にも根強いファンは大勢いる。



FH010033.jpg

元ボクサーというユニークな経歴をもつ人。
あのトミーズ雅とも対戦したそうだ。
しかし、やっぱり唄はウマイなぁ・・・・・



FH010021.jpg

僕のポロリン・ギターで「暖簾」を唄ってもらった。




FH000023.jpg

新曲「男と女-東京25時」のヒットを祈願してみんなでカンパイ!!





この記事のURL | 過去のLIVEリポート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。